アトピー性皮膚炎の対策、予防について

アトピー性皮膚炎は、かゆみある湿疹が繰り返し起こってしまう皮膚病の1つであり、アレルギー体質の人や皮膚の保護機能が弱い人に起こりやすい症状です

アトピー性皮膚炎になる原因

現代の日本では欧米化が進み、ライフスタイルが欧米型になると共にアレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎の人が微増してきています。

アトピー性皮膚炎は子供に多く見られる病気で、
厚生労働省の発表では子供の約10人に1人はアトピー性皮膚炎を経験しているそうです。

アトピー性皮膚炎の研究で、両親のどちらかがアレルギーを持っている場合、
子供がアトピー性皮膚炎の発症率が高いことがわかっています。

同時にアトピー性皮膚炎は同じアレルギーでも「喘息」や「鼻炎」よりも高い発症率であることもわかりました。

もうひとつアトピー性皮膚炎の原因と言われているのが「ダニ、ハウスダスト」です。

こちらも研究の結果、アトピー性皮膚炎の人はフィラグリンという皮膚の保湿成分を補う遺伝子に変異していることがわかっています。

皮膚バリアが低下しているため、外からの刺激やダニやハウスダストが簡単に侵入することができ、アトピー性皮膚炎の症状を起こしやすいことがわかっています。

アトピー性皮膚炎になった時のケア

アトピー性皮膚炎になった時のケアとしては、
アトピー性皮膚炎をこれ以上悪化させないようにするために、身の周りの生活環境を整えることが大事になります。

ダニ、ハウスダストなどを吸い込まないように綺麗に部屋を掃除を定期的すると良いでしょう。

お風呂などで身体を清潔に保ち、爪も常に短くしておいた方が良いでしょう。

思わず爪で皮膚を引っ掻いてしまったなんてことが起こらないようにするためです。

アトピー性皮膚炎にならないようにするための予防

アトピー性皮膚炎はアレルギーが原因ということを先に説明しましたが、
生まれてきた赤ちゃんは皮膚が薄く免疫力の要である大腸の働きもまだ不十分であります。
そのため、ちょっとした要因でも影響を受けてしまいます。

ダニやハウスダスト、ストレスなどアトピー性皮膚炎になる原因は様々ですべて対処するのも不可能に近いので、
その中で最もアトピー性皮膚炎に影響力がある要因を対策することがいいでしょう。

それは「内因性」と「外因性」です。

内因性とは食べ物やストレスなど肌に直接関わらないものを言い、
外因性とはダニや洗剤などの肌に関わるものを言います。

この2つの影響力がアトピー性皮膚炎には強いので、ここを対策することによりアトピー性皮膚炎の発症率はぐっと低くなります。

アトピー性皮膚炎というのは子供に発症しやすい病気なので、親である大人がきちんと環境を整えてあげることで防げる病気でもあります。アトピー性皮膚炎が気になる人がいれば、医者や看護師さんに相談してもその子に合った対策や予防を教えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です