夏の肌ダメージを解消しよう!秋のスキンケアが肌を決める

スキンケアはいつもしているのになんだか肌に輝きがない……
という悩みを持つ女性は多いものです。

これは肌に疲れが蓄積しているから。
これらをリセットするに最適な季節は秋で、
この季節のお手入れで肌の状態が決まります。

夏の蓄積ダメージに気をつけよう

紫外線やその対策に使った強いクリームなどの肌への負担、
高温による疲労、大量の発汗など、夏は肌にも過酷な季節です。

肌が疲れている時にはしっかりとしたケアをしたくなるものですが、
逆にやり過ぎて負担になっていることもあります。

肌が疲労し、過敏になっている夏の間は、
自分ではしっかりケアしたつもりでも実際には肌の疲労がほとんど取れていないこともあります。

梅雨の高温多湿で体が疲れていると、当然ながら肌の新陳代謝や回復能力も下がります。

そこから一気に夏へ突入するわけですから、肌の疲労やダメージもどんどん蓄積して行ってしまうわけです。

この期間は肌を美しく見せようとするよりは、まずは肌の負担を和らげることを念頭においた、シンプルなスキンケアがお勧めです。

秋こそ肌のダメージをリセットするとき

暑さもひと段落した秋は冬へ向けての束の間の休息の季節です。
夏の蓄積ダメージを引きずったまま冬へ向かうと、どんどん肌年齢も上積みされてしまいます。

過酷な冬の前に夏のダメージをリセットするにはやはり秋の間のケアが大事です。
ただし、秋は一日の温度差が大きかったり台風による気圧差があったりと、意外と体調的には過酷です。

また冬ほどではありませんが空気の乾燥も少しずつ進んできます。
秋は夏のダメージ回復をメインとしつつも冬の乾燥への準備をする期間と考えましょう。

この期間のスキンケアはダメージのリセットと肌本来の防御力をアップすることを念頭に置きましょう。

秋の回復ケアのポイントは身体の水分

人間の肌の水分は化粧水や保湿液で外から補充することもできますが、ベースとなるのは身体が持っている内側の水分です。

毎日水分を取っているつもりでも、お茶やコーヒーなど利尿作用の強いものばかり飲んでいると、知らないうちに脱水症状になっていることもあります。

特に夏の間の水分補給が上手くいっていない場合、だるさや疲労感、風邪のような嫌な症状が夏の終わりから秋にかけて出てきます。

そして肌もなんだか乾燥しているようなシワっぽくなるような、見た目にもわかる疲労感が出てきてしまいます。

季節の変わり目に肌の調子や体調を崩しやすい方の場合、身体の水分が足りていない可能性もあることを頭に入れておきましょう。

秋こそ蒸しタオルでホットケア

では実際にどうやって蓄積ダメージをリセットするか考えると、お勧めなのは蒸しタオルによるホットケア。

濡らして絞ったタオルをレンジで温め、顔に乗せて休みます。ちょっと熱めかなと感じるくらいがポイントです。

さらに、ただ顔に当てるだけよりはソファにでも寄りかかって体も休めながら行うのがお勧め。

リラックスしながら行いましょう。タオルが冷めて来たら再度レンジで温めて使います。


水分が飛んでしまった場合は再度濡らして絞っておきます。大体5回くらい繰り返しましょう。

この際、タオルで顔をこするのは避けます。
蒸しタオルの温熱によって肌やその近くの血行を良くし、疲労回復を図るとともに、肌のターンオーバーにも働きかけることができます。

お風呂や洗顔の前に行うと肌の角質が柔らかくなり、また余計な皮脂も肌から浮くので、余計な力を込めない優しい洗顔でも肌の汚れを落とすことができます。

また蒸しタオルは水分を含むため、肌の水分保持にも役立ちます。
乾燥しきった肌のケアにはたっぷりの化粧水を使いたくなりますが、
本当に乾燥しきってしまった肌は化粧水や美容液を上手く吸いこんでくれません。

化粧水や美容液の前に蒸しタオルを使うことで、それらの効能をより引き出すことも可能なのです。

ポイントは温熱

冷え性という言葉がありますが、常に空気にさらされている顔の肌はかなり冷えています。

このために血行が悪くなりやすく、血行が悪いということは肌に栄養も水分も届きにくく、老廃物の排出能力も落ちてしまいます。

肌の改善を図りたければその付近を温めることがとても重要になります。
蒸しタオルは温熱という点で優れており、
入浴や足湯と比べて行いやすく準備や後始末が楽なのもポイント大。
ぜひ積極的に行いましょう。

また、特に顔は頭部や首、肩との連携が現れます。
余裕があれば蒸しタオルは顔だけでなく、首回りや肩にも行うと良いでしょう。

首回りの年齢肌が気になる方にもお勧めです。

蒸しタオル後のケアはどうしよう?

肌は温まると毛穴が開きます。そのために詰まった皮脂やほこりなどの汚れが落としやすいので、優しく洗顔しましょう。
また毛穴が開いているとそこから化粧水や美容液も浸透しやすくなるので、それらのケアを行うのも蒸しタオルの後がお勧めです。
化粧水や美容液を使った後は、毛穴を閉じるためにほんの少し冷やします。化粧水などを冷やして使うのも良いでしょう。

7.最大のスキンケアは体調管理
肌は体調をダイレクトに表します。また、肌へ栄養を届けるには外からの補給よりも体内からの補給の方が確実に届きます。
食生活の管理はもちろん大事ですが、一番大事なのはそれらの栄養や水分を確実に肌へ届けること。
その役目を担うのが血流です。
血流が良くなれば肌や髪にも十分な栄養や水分が届きますし、何より血色の良い、見た目にも健康的な肌が手に入ります。
季節の変わり目の秋は血行も不安定になりやすい時期です。
冬はもちろん寒さで血行は悪くなりますが、寒さはある程度一定のため、ある意味では安定しています。
寒暖差と乾湿の差が激しい秋こそ体調管理が重要になります。

冬の準備をしよう

夏のダメージをリセットしたらいよいよ過酷な冬への肌準備です。
秋の間に肌と体調を整え、肌の持つ自然の防御力をあげておきます。

この時期のケアは、肌のバリアを強いものにするため、また秋の乾燥から守るため、保湿の後にほんの少し脂質を加えます。

また、強い洗顔などで肌の自然な皮脂を必要以上に落としてしまうことも避けましょう。

洗顔や化粧水の後にはクリームなど多少の脂分を持ったもので肌を覆うようにします。

束の間の短い秋のケアが肌年齢を決めます。夏のダメージをリセットしないまま冬を超えてしまえばダメージは蓄積、さらに春の最後のチャンスにリセットできなければまた夏へ突入と、どんどんダメージ肌が蓄積されてしまいます。
いつまでも輝く若々しい肌を保つには、秋の間にしっかりと蓄積ダメージケアを行うのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です