乾燥しやすい時期の保湿にホホバオイルを使ってみよう

秋冬の肌が乾燥しやすい時期には、高保湿な化粧品を使っても肌がかさつくことがあります。

そのままカサカサ肌でいると小じわが増えてしまいますし、ニキビができたり毛穴詰まりの原因にもなります。

そんな乾燥しやすい時期にぴったりで、初心者でも使いやすいホホバオイルを取り入れてみましょう。

ホホバオイルとは

ホホバオイルとはホホバという植物の種から抽出された天然のオイルです。

ホホバは暑くて乾燥しやすい地域に生えている植物ですから、保湿力が高く酸化しにくいという特徴があります。

祝物由来のオイルですから安全性に優れていて、医療現場では人工心臓の潤滑油としても使われています。

保湿効果が抜群

ホホバオイルはワックスエステルという成分が約8割ほど占めています。
このワックスエステルは私達の肌にも含まれているもので、ホホバオイルのワックスエステルは肌と似た構造をしています。

肌になじみやすくバリア機能をサポートする働きがありますから、肌の水分が蒸発しにくくなってしっかり保湿してくれます。

また、排気ガスや花粉、紫外線などが外から肌に入り込もうとするのを防いでくれて、肌を健やかに保作用もあります。

あらゆるスキンケアに活用できる

軽くれ酸化しにくいホホバオイルは万能オイルとも呼ばれていて、スキンケアからボディケア、ヘアケアなどに幅広く活用できます。

クリームとして使用

スキンケアとして一番手軽な使い方はクリーム代わりにふたとして使う方法です。
少量のホホバオイルを薄く肌に伸ばしてあげるだけで、
保湿効果が高まりますから日中も肌が乾燥しにくく潤いをしっかりキープしてくれます。

洗顔後に使用

洗顔後の最初に使うことで、ブースター効果を与えてくれます。
肌になじみやすく浸透力が高いですから、化粧水や美容液などを肌に引き込んでくれて有効成分の働きを高めてくれます。

クレンジングとして使用

クレンジングとしてもホホバオイルは使うことができます。
たっぷりと肌に乗せてくるくるしているとメイクが浮き上がってきますから、
後はオイルと汚れを優しくふき取ってあげて洗顔するだけでメイクオフできます。

潤いもたっぷり与えてくれますからクレンジングで肌が乾燥する心配がなく、天然のオイルですから肌への負担もありません。

スペシャルケアにも活用できる

毛穴詰まりや肌のコンディションが落ちている時には、
ホホバオイルでパックやマッサージをしてみましょう。

パックをするならたっぷりとオイルを肌に乗せた後、
ラップなどをかぶせてしばらく置いてあげれば、肌がしっとりぷるぷるになってくれます。

マッサージにも適していて指の滑りがなめらかになりますから、ゆっくりとマッサージしてあげると血行が良くなってむくみも取れますし、ハリもアップしてきます。

また、唇の乾燥が気になるならリップパックにも効果的です。
唇にホホバオイルを塗った後にラップをしてあげると、ふっくらとした唇になれてしまいます。

万能オイルのホホバオイルはあらゆる活用方法がありますから、1つ持っておくと使い回しができてとても便利です。
保湿力が高いですから乾燥する時期には強い味方となってくれて、カサカサしないしっとり肌でいられます。
秋冬の乾燥する時期のお供には最適ですから、スキンケアに取り入れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です