美肌作りは正しいスキンケアから

美しい肌を維持するためには、毎日のスキンケアが欠かせませんね。
スキンケアとして何気なく習慣として使っている基礎化粧品には、肌にもたらすそれぞれの役割によって種類が分かれていることをご存知でしょうか?
正しいスキンケアを行うために、この基礎化粧品について詳しくご紹介していきます。

それぞれの基礎化粧品の役割

スキンケアを行う目的で使われている一般的な基礎化粧品には、化粧水、美容液、乳液やクリームといった種類があります。

それぞれの肌にもたらす役割と言えば、化粧水は肌に水分を与えて柔らかくし、その後の化粧品の吸収を促進させる働きがあります。

美容液は、美しい肌を維持するための栄養を多く含んでいて、肌の水分を保つ役割をします。

仕上げの基礎化粧品として乳液かクリームのいずれかを使って、肌表面から水分が逃げないように蓋をして閉じ込める役割を担っているのです。

スキンケアのポイント

きめの整った美しい肌を維持するために一番大切なのが「保湿」です。
肌トラブルの原因の多くは乾燥によるものが大半を占めています。

乾燥した肌は、バリア機能が弱っているので紫外線や外気などの影響を受けやすく、シミやシワ、たるみといった肌の老化を促進させてしまいます。

それを防ぐためには、毎日のスキンケアによって肌を保湿し、規則正しいターンオーバーのできる肌作りを心掛けることが大切です。

保湿に有効な成分には、セラミド、ヒアルロン酸、アルギニン、コラーゲンなどがあり、いずれも肌を保湿して、肌のバリア機能を高めます。

スキンケア化粧品の選び方

最近のスキンケア化粧品は販売している化粧品メーカーやブランドも数が多く、
購入する時に迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。

そんな人の選び方の基本として、まずは自分の肌質を良く知ることが大切です。
人の肌は、乾燥肌、混合肌、脂性肌、敏感肌の4種類に大まかに分かれているので、自分はどの肌質に当てはまるのかを知る必要があります。

また、アレルギーを持っている人は注意が必要です。
化粧品の裏面に記載されている成分表に注目して、自分の肌に合っているものを選ぶように心掛けましょう。

ドラッグストアや化粧品メーカーの店舗で購入する場合は、
お店のスタッフに詳しい説明を受けてアドバイスをもらうと心強いですね。

他には、口コミを参考にして選ぶ方法もあります。
口コミは、実際にその商品を使ってみた人の感想なので、良い点と悪い点の両方の評価を知ることができます。

これらを参考にしてみるのも効率的な選び方と言えます。

先にも述べましたが、スキンケアとは一般的に基礎化粧品を指しますが、
最近ではリキッドファンデーションなどのベースメイク化粧品にも保湿成分が含まれているものが販売されています。

このように、外出先や仕事中であっても保湿成分配合の化粧品で肌に潤いを補うことで、ハリのある瑞々しい肌を維持することができます。

まずは自分の肌質を良く理解して、正しいスキンケアを行うことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です