アトピー肌の人がスキンケアを行うために

アトピーは、肌に強い痒みと湿疹が繰り返し伴う病気となります。
そのため、アトピーになると肌のバリア機能が低下して肌が乾燥しやすくなるで、肌を保湿しないとアトピーが悪化しやすいです。

アトピー肌の保湿に適したスキンケアとしてメディプラスゲルというオールインワンゲルが人気ます。
参考⇒アトピーでも使えるメディプラスゲルの口コミ

アトピー肌の人がスキンケアを行う際は、肌を保湿してバリア機能を保つのが重要です。

メディプラスゲルに拘る必要はありませんが、セラミドが配合されたスキンケア化粧品を選びたいですね。

肌のバリア機能を保つには

アトピー肌の人が乾燥しにくい状態でスキンケアを行うには、肌のバリア機能を保つために水分を補うのが大切です。

水分を補うことで肌に水分が保たれると、肌が外部からの刺激の影響を受けにくくなります。

さらに、スキンケアの際にセラミドが含まれている化粧水や美容液を使うのがお勧めです。

セラミドは水分を保持する作用が高いので、肌に潤いを与えつつ肌を乾燥しにくくしてくれるからです。

アトピー肌の人はスキンケアにセラミドが含まれる化粧水や美容液を使うことで、
肌のバリア機能を保ちつつアトピーを改善できます。

正しくスキンケアを行うには

アトピー肌の人がスキンケアを行う主な目的は、肌の乾燥を防いで肌のバリア機能を保つことになります。

なので、美容効果に拘るのでなく保湿力を重視するのがポイントです。
アトピーは症状の改善と悪化を繰り返すこともあるので、症状が軽い時にもスキンケアを行うのが大切です。

ただし、症状が軽くても肌を保湿せずにスキンケアを行うと、
肌の乾燥を招いて肌の痒みが増すので肌を保湿し忘れないことが重要となります。

スキンケアを行う時の注意点

アトピー肌になると肌が乾燥しやすくなる上に、外部からの刺激を受けやすくなります。

なので、肌が弱い状態なのでスキンケアで肌を強く擦らないのがポイントです。

なぜなら、強く擦ると肌に余計な刺激を与えるので、
アトピーが悪化するだけでなく肌トラブルを招くリスクが高いからです。

よって、アトピーの人がスキンケアによって肌を傷つけないようにするなら、
目の粗い素材のタオルを使わないことになります。

また、水分を吸収する際に汚れたタオルを使うと、
肌により刺激を与える他に雑菌がアトピーを悪化させる原因になります。

そのため、アトピーの人がスキンケアを行う場合は、
肌を擦らずに軽く触れる感じでスキンケアを行うのがお勧めです。

さらに、タオルで水分を吸収する際もタオルを軽く肌に当てて水分を吸収するのが安全です。

アトピー肌の人がスキンケアを安全に行うには、肌を保湿して潤いを与えることと肌に極力触れずにスキンケアを行うことになります。

スキンケアのやり方を見直して肌のバリア機能を傷つけないように心掛けることで、肌トラブルに悩まされずにアトピーを改善することが可能となります。

アトピー性皮膚炎の対策、予防について

アトピー性皮膚炎は、かゆみある湿疹が繰り返し起こってしまう皮膚病の1つであり、アレルギー体質の人や皮膚の保護機能が弱い人に起こりやすい症状です

アトピー性皮膚炎になる原因

現代の日本では欧米化が進み、ライフスタイルが欧米型になると共にアレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎の人が微増してきています。

アトピー性皮膚炎は子供に多く見られる病気で、
厚生労働省の発表では子供の約10人に1人はアトピー性皮膚炎を経験しているそうです。

アトピー性皮膚炎の研究で、両親のどちらかがアレルギーを持っている場合、
子供がアトピー性皮膚炎の発症率が高いことがわかっています。

同時にアトピー性皮膚炎は同じアレルギーでも「喘息」や「鼻炎」よりも高い発症率であることもわかりました。

もうひとつアトピー性皮膚炎の原因と言われているのが「ダニ、ハウスダスト」です。

こちらも研究の結果、アトピー性皮膚炎の人はフィラグリンという皮膚の保湿成分を補う遺伝子に変異していることがわかっています。

皮膚バリアが低下しているため、外からの刺激やダニやハウスダストが簡単に侵入することができ、アトピー性皮膚炎の症状を起こしやすいことがわかっています。

アトピー性皮膚炎になった時のケア

アトピー性皮膚炎になった時のケアとしては、
アトピー性皮膚炎をこれ以上悪化させないようにするために、身の周りの生活環境を整えることが大事になります。

ダニ、ハウスダストなどを吸い込まないように綺麗に部屋を掃除を定期的すると良いでしょう。

お風呂などで身体を清潔に保ち、爪も常に短くしておいた方が良いでしょう。

思わず爪で皮膚を引っ掻いてしまったなんてことが起こらないようにするためです。

アトピー性皮膚炎にならないようにするための予防

アトピー性皮膚炎はアレルギーが原因ということを先に説明しましたが、
生まれてきた赤ちゃんは皮膚が薄く免疫力の要である大腸の働きもまだ不十分であります。
そのため、ちょっとした要因でも影響を受けてしまいます。

ダニやハウスダスト、ストレスなどアトピー性皮膚炎になる原因は様々ですべて対処するのも不可能に近いので、
その中で最もアトピー性皮膚炎に影響力がある要因を対策することがいいでしょう。

それは「内因性」と「外因性」です。

内因性とは食べ物やストレスなど肌に直接関わらないものを言い、
外因性とはダニや洗剤などの肌に関わるものを言います。

この2つの影響力がアトピー性皮膚炎には強いので、ここを対策することによりアトピー性皮膚炎の発症率はぐっと低くなります。

アトピー性皮膚炎というのは子供に発症しやすい病気なので、親である大人がきちんと環境を整えてあげることで防げる病気でもあります。アトピー性皮膚炎が気になる人がいれば、医者や看護師さんに相談してもその子に合った対策や予防を教えてくれます。

アトピーに悩んでいる方へ!我が家のアトピーは改善した

奈々子さんのご家族のアトピー奮闘記を紹介します。

アレルギー体質の我が家のアトピー事情

私は現在31歳の女性です。四人兄弟の長女です。

私の家系はアレルギー家系で父がぜんそく、母はアレルギー性鼻炎、
私は軽いアトピーと蓄膿症で、長男にあたる私のすぐ下の弟が重度のアトピー性皮膚炎で次男は喘息、三男だけが健康でした。

喘息に関しては、発作時は苦しいと思うのですが吸引器を使用したりお薬を飲めば発作が治まるので解決策があるような気がします。
しかしアトピーに関しては処方されるステロイドを使用してもどんどん皮膚が薄くテカテカになって、痒み自体を抑えることができないので根本の治療方法がないような気がしていました。

当時まだアトピーについて解明されていないことが多く色々な病院を転々としていました。
弟は皮膚のことをからかわれたり母が虐待しているという噂も流れ、本当につらかったです。

ですがそんな弟も現在27歳で先月娘が誕生しました。
アトピーもすっかり良くなっています。

アトピーを改善するために必要なこと

アトピーを完治させるためには、、まず血液検査を受けて何に一番アレルギー反応を起こしているかを知ることです。

弟は3歳ごろに牛乳、卵、小麦粉にアレルギーを起こしていると医者から言われ、
(その当時血液検査を実施したか定かではありません)それを含んだ食べ物を極力とらないようにしていました。

しかし一進一退で明らかに改善したと確認できたことはありませんでした。

小麦粉と卵なんてどんな食べ物にも入っているので避けるのが難しいからだろうと半ば諦めていたのが正直なところです。

そして彼のアトピーは高校卒業後まで同じ調子だったのですが、親元を離れ改めて血液検査を受けたところ、なんと一番アレルギーを起こしていたのでハウスダストと猫でした。

食事や化粧品・洗剤にも気を使う

また家庭にある洗剤やシャンプー類も全て低刺激に変えました。
ハイターなどの強い洗剤は使わなくなりました。

食事にも気をつけ玄米中心で炭酸飲料や砂糖を含む飲食は控えました。
そして最後になるべくストレスのかからず、
便秘にならない生活を心掛けることでした。

本当にこれだけで治るのかと疑うかもしれませんが私の弟に関しては大分よくなっています。

少し普通の人を比べると肌は少しだけ赤いですがアトピーという感じはもうしないです。

最近読んだ記事によるとアトピーの人の腸には菌が不足していてきちんと栄養を吸収できずアレルギー反応を起こしてしまうという記事を読んだことがあります。

うちの弟がそうだったのかわからないのですが生活環境と食生活が大きく影響しているのは事実かと思います。

思いがけず日常の動作や習慣が知らず知らずストレスを与えている可能性はあるので一見ネガティブな身体からの反応も自分の身体からのメッセージだとして見過ごさず受け止めることが大切だと思います。